「面倒くさい女」と思われないためのLINEマナー

気になる彼とLINEが続くとうれしいですよね。

しかし、浮かれすぎてしまい「この女、面倒くさい」と思われてしまうこともあるので注意が必要です。

そこで今日は『「面倒くさい女」と思われないためのLINEマナー』についてお話しします。

深夜のLINE

深夜にLINEがくると、その通知音で起きてしまう事がありますよね。

眠れない夜、彼にLINEを送ってしまうことがあるかもしれませんが、彼の都合も考えて控えるようにしましょう。

朝早くから仕事なのに、深夜のLINEで起こされるのは嫌ですよね。

何時までならLINEを送ってもいいか決めておくなど、お互い負担がないようにしましょう。

スタンプの多用

LINEでの会話を楽しくしてくれるスタンプ。

色々な種類があるので、新しく購入したスタンプはついつい使いたくなってしまいますよね。

しかし、使いすぎるのはあまり印象がよくありません。

雑談を楽しんでいる時ならまだしも、真剣な話をしている時にスタンプを使うのはやめておきましょう。

ほかにも、スタンプの連投は通知が鳴りまくるため、ウザがられる可能性が高いです。

男性とLINEをするときはスタンプはほどほどに。

長時間放置

恋愛の駆け引きでは、即レスよりも少し焦らすのが効果的とよく言われますが長時間放置するのはNGです。

彼は、「嫌われたのかな・・・?」と不安に感じてしまうでしょう。

「事故に巻き込まれたのでは・・・」と余計な心配をかけてしまうこともありますよ。

返信を焦らすにしても、せいぜい10分か20分程度にしておきましょう。

本当に忙しくて長時間返信ができなかった場合は、その理由も伝えるようにするといいですね。

気軽にできるからこそ・・・

気軽に送れるからこそ、本当に好きだからこそついついテンションが上がってLINEすることもあると思います。

しかし、それが本当に彼との関係を縮めるものなのか、一度冷静に見つめ直してみるといいですね。

最低限のマナーを守るため、自分のLINEを見直してみましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA